料亭駒龍

お弁当の品質管理につきまして

この度、当店の仕出弁当につきましてお客様より惣菜の一部に
品質の劣化がみられたとのご指摘を頂戴致しました。

これを受け、当社から盛岡市保健所へ状況のご報告を差し上げ、
今後の対策につき取り纏め致しましたので、以下の通りご報告させて頂きます。

1、衛生管理の再徹底
・厚生労働省が定める、HACCPに基づく衛生管理の徹底を実施します。
 (HACCPとは食品製造の安全性確保の管理手法のことです)
・調理前の手洗い、消毒の実施。
・調理器具の洗浄、消毒の実施。
・冷凍/冷蔵庫内温度の定時記録作成。

2、調理・保存方法の管理徹底
・従前からの取組みの通り、製造ロットごとに保存容器を分け、
 製造日を把握できる形に記録を残し、
 いつ、どなたに提供したかを追跡できるように努めます。
・調理の過程上、特に事前に数日の漬け置きが必要となる食材については、
 加熱を十分に行った後に熱をとり、冷蔵庫で保管を行います。
 また、盛り付け時には細菌増殖を防ぐため十分に水切りを行います。
・弁当容器への詰め込みを行う前に食材の味見を行い、
 視覚及び味覚にて品質の劣化がみられないことを確認することを徹底致します。

3、安全・安心にお客様にお召し上がり頂くまでの心配り
・お客様への配送後、様々な環境下を経てお客様にお召し上がり頂きます。
 直接目が届かない環境を経るからこそ、十分な管理体制下で製造させて
 頂き、安心してお召し上がり頂くべく努めます。

上記対策を社内一丸となって取り組んで参ります。
今後とも宜しくお願い申し上げます。